予算に合わせた女子会

シーンに合わせた女子会の予算

メンバー全員に合わせた予算

学生時代から気の置けない女の子同士や職場の同僚やママ友など数名の女子が集まって美味しいものを頂き、様々な話題について語らい合う女子会は人気を呼んでいます。
デートや友達とのランチとは少し違う特別な宴会ですので、予算に関してはシーンに合わせて立てていかないと揉める原因になります。
参加するメンバー全員が、収入の幅があることも意識しておく必要があります。
高収入のメンバーが低収入のメンバーに会わさずに、高いレストランなどを指定すると顰蹙を買われることもあります。
予算を決める時は高収入から低収入まで差が出にくいように心がけることが大事です。

ハレの女子会の予算

女子会によって規模が異なる場合があります。
メンバーの誕生日や結婚祝いなど特別なシーンは、普段利用しない少しだけ敷居が高くて、美味しいグルメを提供してくれるお店だと気合を入れて参加できそうです。
いわゆるハレの女子会の予算は、料理とお酒代を含めても5000円から8000円程度までに抑えていくことです。
メニューはコース料理で提供してくれる高級イタリアン、フレンチ、中華料理、回っていないお寿司屋さんが美食家の女子達にも喜んでもらうことができます。
1万円を超すと参加に対し躊躇してしまうことがありますので、メンバー内で相談をして、割引が適用されるクーポンなどを活用することで費用の負担を抑えることができます。
開催においても頻繁に開催すると参加できないメンバーも出てくることもあるので、年に2回くらいに抑えておくと参加できるメンバーも増えてきます。

気軽に参加できる女子会の予算

オシャレなファッションに身に纏い、SNSに自慢できるような高級店での女子会を連日行っていると財布の中身が空っぽになります。
会いたい時にフラッと会って、サクッと食べて飲んでしゃべって帰る気軽に参加できる女子会の予算は、高くても2000円程度です。
場所においてもリーズナブルな価格のカフェレストランや大衆居酒屋などがお勧めです。
さらに予算を抑えたい場合は、ちょい飲みができるファミレスなどのチェーン店もありますし、料理ができる人でしたら自宅で周囲のお客さんとコストを気にすることなく楽しむことができます。
楽しい友達と一杯のお酒と料理があれば、すぐに女子同士の宴会を始めることができます。
シーン別に合わせてコストをかけると様々な女子同士の宴会を楽しむことができます。
財布の中身についてメンバー同士で相談し合って、今宵も楽しい宴をどこかで開催することができます。

女子会におすすめ!貸切もできる加古川の洋食レストラン「あた〜ぶる」